〈テニス〉ワンポイントアドバイス Point.7

「サービススピードの世界1位はイボ・カロビッチ選手」

ちなみにこの選手は2月10日のデビスカップ本選ワールドグループで、錦織圭と戦ったクロアチアの選手です。

なんと、身長208cmから打ち出されるサービススピードは時速251km、セカンドサービスも世界最速の232kmです。これこそキャノンサービスです。

さらにすごいのは年間サービスエース歴代2位の1318本、で、1試合78本の歴代3位の記録を持つ選手です。

真似をしないほうが良いですよ。ダブルフォルトの記録が出てしまいますから。

(山田龍彦)


This entry was posted in コラム, ショートテニス. Bookmark the permalink.