〈テニス〉ワンポイントアドバイス Point.12

「グラウンドストロークのスタンスは3種類」

グラウンドストロークの基本は、安定したフォームから打ち出されます。

安定させるためにはボールをインパクトする時の構えが大切です。

それは、スタンスによって大きく変わってきます。

グラウンドストロークのスタンスは3種類あります。

  1. スクエアスタンス
  2. クローズドスタンス
  3. オープンスタンス

の3つです。

スピン打法が普及した当時は、ほとんどのテニスプレイヤーはオープンスタンスで打っていました。日本にスピン打法を普及させた時の誤りがあり、ずいぶんと時間をロスしてしまったのです。

スピード打法はやはりスクエアスタンスで、ランニングショットや踏み込んで打つときはクローズドスタンス、トップスピン打法はオープンスタンスで打つと良いでしょう。

(山田龍彦)

カテゴリー: コラム, ショートテニス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です