〈テニス〉ワンポイントアドバイス Point.14

「ラケットのテイクバックには3つある」

ラケットのテイクバックを気にしたことがありますか?

テイクバックとは「ラケットをネットに対して後ろに引くこと」を言います。自分の身体の後ろではないのです。

そして、テイクバックの種類は3つに分類されるのです。

  1. スクエアスイングのためのスクエア・テイクバック
  2. ループスイングのためのループ・テイクバック
  3. ダウンスイングのためのアップ・テイクバック

1.の「スクエア・テイクバック」は、フラットショットで速いボールを打つことができます。

2.の「ループ・テイクバック」は、円を描いてテイクバックをしますから、テイクバック自体は低い位置にあり、スピンをかけるときには有効です。

3.の「アップ・テイクバック」は、ダウンスイング、すなわち高い位置にテイクバックをとり、高い位置から低い位置(腰の高さ)まで下げてくることで、アンダースピン(スライス)を打つのに有効です。

一度試してみましょう!!

(山田龍彦)


This entry was posted in コラム, ショートテニス. Bookmark the permalink.