〈テニス〉ワンポイントアドバイス Point.16

「テニスラケットの種類」

テニスラケットの種類はメーカーによっていろいろあります。選ぶときのポイントを書いてみました。参考にしてください。

1.ラケットの重さ
超軽量(250g)から軽量(280g前後)、重量(330g以上)まであり、最近は少し重いラケットが流行です。
2.ラケットの長さ
長ラケ(27インチ以上)、ジュニアは27インチ以下で3段階に下がっていきます。ちなみに、1インチ=2.54cm。
3.ラケットのバランス
頭が軽い(トップライト)、頭が重い(トップヘビー)、中央にバランスがある(ミディアム)の3種類があります。
4.フェイスの面積
ボールが当たるガット面の大きさが小さい85平方インチ前後(ミッドサイズ)、90平方インチ前後(ミッドプラス)、100平方インチを超える物(オーバーサイズ)、120平方インチ以上の物(スーパーサイズ)があります。
5.ラケットの厚さ
厚さが30mmぐらい(厚ラケ)、23mm~26mmぐらい(中厚)、23mm~20mmぐらい(薄厚)の3種類に分かれます。
6.グリップサイズ
グリップ1(4と1/8)、グリップ2(4と2/8)、グリップ3(4と3/8)の3種類が主流です。昔はグリップ4とかグリップ5などもありました。

(山田龍彦)


This entry was posted in コラム, ショートテニス. Bookmark the permalink.