〈テニス〉ワンポイントアドバイス Point.28

「相手が平行陣で攻めてきた場合」

相手が2人でネットへ詰めてきた(平行陣)場合には33つの返球ベースパターンがあります。この時はネットプレーヤーですから危険です。

1.詰めてきた相手本人にボレーを打たせる
詰めて来ないときはさらにボレーを打たせるようにします。相手が詰めて来たらロブに変更します。ロブを警戒して詰めて来ない人が多いです
2.ストレートロブを打つ
相手のレートのプレーヤーは元々ネットにいますからクロスの人よりかは詰めているはずです。ストレートに高く打ちます
3.2人の真ん中をめがけてハードヒットします
この時は打てる判断がついた時かポイントリードしている時にします

自分側のネットプレーヤーは、時間があったらベースラインに下がってもいいのです。

雁行陣よりかはベースライン平行陣が有利です(ネットへ出て平行陣で対戦するのもいいですが!! 危険が高いです)

(山田龍彦)


This entry was posted in コラム, ショートテニス. Bookmark the permalink.