<テニス>ワンポイントアドバイス Point.34

「トップスピンからフラットスピンへ」

2月に書いたようにプロ選手はラリーがものすごくつながり、4時間、5時間の長い試合が行われています。

それは、トップスピンのかかった軌道の高いラリーです。

しかし、ここにきて軌道が低くなってきているのです。

世界のテニスが変わって来ています。

フラット的なスピンより、速く低い軌道で相手コートに戻す打ち方が含まれてきています。

もう一つは、スライスのバッツクハンドが目立ってきています。これも低い軌道を確保するためです。

もし今、あなたがトップスピンを練習しているとしたら、考えなおした方がいいでしょう。マスターできた頃には世間では違った打ち方をしています。

フラットが打てるようになりましょう!

(山田龍彦)


This entry was posted in コラム, ショートテニス. Bookmark the permalink.